質屋ってそもそも何?質屋の制度について知っておこう

「質屋」と聞いて、皆さんはどんなイメージを思い浮かべるでしょうか?

借金の返済に困ったり、生活費に困ったりして大切なものを売ってお金に換える。

もしくは江戸時代を描いた時代劇などに出てくる、「越後屋」のような大金持ち…。

どうしてもお金を扱う商売のため、余りいいイメージを持っていない人も少なくないでしょう。

ですが、現代の質屋は一味違います。

もちろん質屋としての業務の本質は変わっていませんが、業務の幅や扱っているものは多岐に及びます。

いつ皆さんもお金が必要になるかわかりません。

質屋とはどういったお店なのか改めて確認しておきましょう。

【質屋の制度】

質屋とは、一言で表すと「品物を質として預かり、その代わりにお金を支払う」商売のことを指します。

一般的なリサイクルショップとの大きな違いは、質として預けた品物を買い戻すことができる点にあります。

預けた品物を買い戻すには、元金と預かっている間に発生した利息を払うことになります。

もし買い戻しができない場合は、質屋にその旨を申し出ればOKです。

お金を返す必要はなく、質屋は品物を即売会や店頭で売ることができます。

それを「質流れ」といいます。

【質屋はこんな時に便利】

では、実際に質屋を利用している人はどんな理由でお金を借りているのでしょうか?

最も多いのは「急な資金が必要になった時」です。

結婚式やお葬式など大きなお金がかかることはままあります。

給料日までの間の資金調達に利用する人もいます。

手軽に借りられてお金を返せば品物が戻る質屋は、現代人にもってこいといえるでしょう。